関栄/KANEI
MMSI:431012508
総トン数:3356GT
船籍:Japan
船主:関門港湾建設/共栄土木/関西港湾工業の共有

コンクリートミキサー船またはコンクリートプラント船(CP船)と呼ばれる作業船で、コンクリート製造設備を台船上に搭載したもので、岸壁や橋の基礎工事(離島での工事も含む)に使われます。

建造年:2018.9.28(サノヤス造船水島製造所で建造)
骨材貯蔵槽:215m3 × 8槽(砂利4槽, 砂4槽)
セメントサイロ:150t x 4基(サイロは甲板から25mの高さ)
混和剤タンク:10m3 × 4基
水貯水槽:329t
ミキサー:3m3 × 1基(192m3/h~216m3/h(大型ミキサー車約50台分))
海水淡水化装置:(100t/日)
コンクリートポンプ:106m3/h
打設クレーン:長さ30m
スパッド:25m(1.3m角)
ランプ:長さ10m(10tクラスの大型ミキサー車が乗り入れ可能)

記事の最後に日本のコンクリートミキサー船一覧を載せています

2019.6.17

 

つるぎ/TSURUGI
MMSI:431000584
総トン数:271GT
船籍:Japan

2019.6.17
コンクリートミキサー船 関栄/KANEI 66mを曳航しています

 

IMO:8926640 MMSI:367835000
載貨重量:792DWT 総トン数:3347GT
船籍:USA
定員:乗組員19名, その他6名
センサー:パッシブ/アクティブ低周波ソナー
MSC所属の音響測定艦, Victoriousクラスの4番艦

2019.6.17