04.セメント・石灰石運搬船の最近のブログ記事

2017年4月 3日

貨物船(セメント運搬船) 大翔丸(大窯汽船) 96m

大翔丸/TAISHO MARU
IMO:9782120 MMSI:431009142
載貨重量:5678DWT 総トン数:3215GT
船籍:Japan
船倉容積:5118m3
大窯汽船:大阪市の船社で、住友大阪セメント向けセメント運搬船を4隻保有

2017.3.16

 

続きを読む: 貨物船(セメント運搬船) 大翔丸(大窯汽船) 96m

貨物船(セメント運搬船) パシフィック ドリーム(東 海運) 115m

パシフィック ドリーム/PACIFIC DREAM
IMO:9690573 MMSI:431005521
載貨重量:7831DWT 総トン数:5199GT
船籍:Japan
船倉容積:6278m3
太平洋セメント向けセメント運搬船です。
東 海運:29隻を運航(内セメント運搬船は18隻)
船主はイースタンマリンシステム(東 海運の子会社)

2017.3.16

 

続きを読む: 貨物船(セメント運搬船) パシフィック ドリーム(東 海運) 115m

2016年11月12日

貨物船(石灰石運搬船) 鉱翔丸 and 鉱翔(ジェネック, 日本マリン) 128m

鉱翔丸/KOUSHO MARU
MMSI:431602174
船籍:Japan
台船:鉱翔(載貨重量:7680DWT 総トン数:4608GT)
押船:鉱翔丸(載貨重量:320DWT 総トン数:180GT)
日本マリンはJX金属(2016.1よりJX日鉱日石金属から社名変更)の関係会社
日本最大の石灰石鉱山、鳥形山(高知県 日鉄鉱業鳥形山鉱業所 年産1300万トン)の石灰石は須崎港までベルトコンベア(23km)で運ばれ、本船が東京湾に運んでいます。
セメント原料や鉄鋼原料(新日鉄住金君津製鉄所)として使われます。
尚、石灰石は日本で数少ない輸出鉱物です。石灰石輸出港は3箇所ありますが、須崎港が最大の輸出港で、オーストラリアなどに輸出しています。

2016.10.27

 

続きを読む: 貨物船(石灰石運搬船) 鉱翔丸 and 鉱翔(ジェネック, 日本マリン) 128m

2016年9月17日

貨物船(セメント運搬船) 第五陽周丸(たをの海運, 日本海運) 110m

第五陽周丸/YOSHU MARU NO.5
IMO:9167643 MMSI:431400833
載貨重量:6506DWT 総トン数:4387GT
船籍:Japan
船倉容積:5580m3
たをの海運:広島県の船社
日本海運は日本通運グループの海運会社
トクヤマのセメント運搬船です。

2016.9.6

 

続きを読む: 貨物船(セメント運搬船) 第五陽周丸(たをの海運, 日本海運) 110m

2016年9月15日

貨物船(石炭灰・炭酸カルシウム専用船) 新政丸(園田汽船, NSユナイテッド内航海運) 80m

新政丸/SHINSEIMARU
IMO:9764398 MMSI:431007239
船籍:Japan
建造年:2016.1.12(三浦造船所で建造)
セメント工場と石炭火力発電所の資源循環
・セメント工場:石灰石を粉砕して炭酸カルシウム(炭カル)生産、発電所へ
・石炭火力発電所:燃焼ガスに含まれる石炭灰(フライアッシュ)を回収、また、脱硫設備に炭カルを投入して石膏を生成、セメント工場へ
・セメント工場:フライアッシュと石膏をセメント原料に使用

2016.9.5

 

続きを読む: 貨物船(石炭灰・炭酸カルシウム専用船) 新政丸(園田汽船, NSユナイテッド内航海運) 80m

2016年9月13日

貨物船(セメント運搬船) 貴春丸(宇部興産海運, 新日本近海汽船) 158m

貴春丸/TAKAHARU MARU
IMO:7824821 MMSI:431400924
載貨重量:18433DWT 総トン数:11736GT
船籍:Japan
建造年:1979
同社の清安丸(1978年建造)が近々引退するようなので、本船にはもう少しがんばってもらいたいですね。

2016.9.5

 

続きを読む: 貨物船(セメント運搬船) 貴春丸(宇部興産海運, 新日本近海汽船) 158m

2016年7月11日

貨物船(セメント運搬船) 第二十すみせ丸(エスオーシーマリン) 118m

第二十すみせ丸/SUMISE MARU NO.20
IMO:9142112 MMSI:431100268
載貨重量:8562DWT 総トン数:5363GT
船籍:Japan
船倉容積:6925m3
エスオーシーマリン:エスオーシー物流(旧スミセ海運)の子会社で、住友大阪セメント向けセメント運搬船4隻と石灰石運搬船4隻を運航

2016.6.17
住友大阪セメントの工場から、サービスステーションへセメントを運んでいます。

 

続きを読む: 貨物船(セメント運搬船) 第二十すみせ丸(エスオーシーマリン) 118m

2016年6月 3日

貨物船(セメント運搬船) SE YANG(TONG YANG CEMENT) 110m

IMO:9285964 MMSI:441411000
載貨重量:6500DWT 総トン数:4771GT
船籍:Korea
TONG YANG CEMENT:Koreaのセメント会社
本船の運航会社など詳細は不明です。

2016.5.18
日本のセメント船と違った構造で面白い

 

続きを読む: 貨物船(セメント運搬船) SE YANG(TONG YANG CEMENT) 110m

2016年4月20日

希望! 貨物船(石炭灰・炭酸カルシウム専用船) きぼう(NSユナイテッド内航海運) 105m

きぼう/KIBOU
IMO:9673288 MMSI:431004512
載貨重量:4499DWT 総トン数:4750GT
船籍:Japan
建造年:2013
東京電力広野火力発電所6号機運転開始(2013.12.3)に伴う石炭灰輸送量の増加に対応する石炭灰輸送専用船。
東京電力広野火力発電所は原発以外で唯一サービス対象地域外にある発電所。
船名の「きぼう」は、広野町の小中学生から募集し、地域にも希望を届ける意味を込めて命名された。
尚、以前掲載した浮体式洋上風力発電「ふくしま未来」からの海底ケーブルが広野火力発電所に陸揚げされ送電線に接続されている。

セメント工場と石炭火力発電所の資源循環
・セメント工場:石灰石を粉砕して炭酸カルシウム(炭カル)生産、発電所へ
・石炭火力発電所:燃焼ガスに含まれる石炭灰(フライアッシュ)を回収、また、脱硫設備に炭カルを投入して石膏を生成、セメント工場へ
・セメント工場:フライアッシュと石膏をセメント原料に使用

2016.4.1
(画面をクリックすると横3840ドットで大きく表示します。但し、サイズは1.2MBあります。)

 

続きを読む: 希望! 貨物船(石炭灰・炭酸カルシウム専用船) きぼう(NSユナイテッド内航海運) 105m

2015年11月20日

貨物船(セメント運搬船) 陸龍丸(太平洋汽船, 太平洋セメント) 133m

陸龍丸/RIKURYU MARU
IMO:9177595 MMSI:431100363
載貨重量:10836DWT 総トン数:6544GT
船籍:Japan
東日本大震災時、大船渡港で津波に遭遇しながら乗り切りました。

2015.10.20

 

続きを読む: 貨物船(セメント運搬船) 陸龍丸(太平洋汽船, 太平洋セメント) 133m

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち04.セメント・石灰石運搬船カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは03.冷凍冷蔵船です。

次のカテゴリは05.チップ・木材運搬船です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。