02.作業船の最近のブログ記事

2018年9月 9日

多目的作業船 POSEIDON-1(深田サルベージ建設) 78m

POSEIDON-1/ポセイドン1
IMO:9748356 MMSI:431214000
載貨重量:2715DWT 総トン数:4015GT
船籍:Japan
建造年:2015.6(神例造船にて建造)
船名のPOSEIDONはギリシャ神話で海の神を意味する
船主:オフショアエンジニアリング(Offshore Engineering Co(OEC))
船舶管理:共栄マリン
定員:77名(内乗組員 19名)
甲板面積:650m2 甲板搭載貨物重量:1000t
巡航日数:40日

海底資源調査に特化した多目的調査船

クレーン:Jebsen & Jessen Offshore 社の全旋回AHC(Active Heave Compensated アクティブ動揺吸収)クレーン(50T x 15m, 20T x 35m, 10T x 36m), ワイヤー長:2500m
(Jebsenにとって深田サルベージ建設は日本で最初の顧客)
AHCクレーンはセンサーが船体の動揺を検知してウインチの回転を制御し、吊っている物体の動揺を抑える。
補助クレーン:2T x 15m

甲板中央にMoon Pool(5.4m x 5.4m)を設け、掘削機材を投入し、海底を掘削する。

ドリルリグ:Geoquip Marine社 GMTR150 (150HP 3000m)

ROVやAUVなどを搭載でき 多様な海底資源調査が行える。
ROV:ISE社のHYSUB 50-3000をベースとした「はくよう S-3000」(50HP 3000m) (今回搭載しているかは不明)
AUV:詳細不明

3000mの深海底下を75m掘削し、地層サンプルを採取できる「海底着座型ボーリング機」も導入する。

2018.6.21
(画面をクリックすると横3840ドットで大きく表示します。但し、サイズは2.1MBあります。)

 

続きを読む: 多目的作業船 POSEIDON-1(深田サルベージ建設) 78m

2018年4月18日

作業船 深層混合処理船 DCM3号船(竹中土木・東洋建設) 47.5m

改良面積:5.74m2
塔高:61m
改良深さ(水面下):70.5m
処理能力:90m3/hr以上
セメントサイロ:200t x 2基
深層混合処理船は海底の地盤を強固に改良する作業船。
海底上部地盤の軟弱粘性土を深い地盤までセメントや石灰の改良材で撹拌混合し、化学的に結合させて地盤改良を図るCDM(Cement Deep Mixing Method)工法を採用するDCM3号船です。
直径1000mmパイプ8軸で5.74m2を撹拌処理します。

2018.4.16
(画面をクリックすると縦3840ドットで大きく表示します。但し、サイズは1.9MBあります。)

 

続きを読む: 作業船 深層混合処理船 DCM3号船(竹中土木・東洋建設) 47.5m

2017年8月16日

海洋汚濁防止装置船兼土砂送泥船(非自航) 2てんゆう(大新土木) 148m

船籍:Japan
日本では大新土木が3隻(せいわ, てんゆう, 大剛)保有している海洋汚濁防止装置船、4隻目が本船です。

2017.8.13
本船、JMUアムテックまたはJMU呉で建造、JMU磯子で艤装工事を行うために曳航されてきました。

 

続きを読む: 海洋汚濁防止装置船兼土砂送泥船(非自航) 2てんゆう(大新土木) 148m

2017年6月 4日

作業船 オフショア船 PACIFIC GREYLAG(SPO) 84m

IMO:9666936 MMSI:563264000
載貨重量:4078DWT 総トン数:3585GT
船籍:Singapore
デッキ面積:810m2
建造年:2017予定(JMU横浜事業所鶴見工場で建造)
SPO:SWIRE PACIFIC OFFSHOREはシンガポールの作業船専門の船社で、多数の作業船を運航
本船はG-ClassのPlatform Supply Vessel(PSV)です。

2017.5.17
テスト航海中です。
(画面をクリックすると横3840ドットで大きく表示します。但し、サイズは1.5MBあります。)

 

続きを読む: 作業船 オフショア船 PACIFIC GREYLAG(SPO) 84m

2017年5月29日

作業船 スパッド付クローラクレーン台船 第三十八吉野号(吉野建設) 63m

吉野建設:大阪市の建設会社
第三十八吉野号の詳細はわかりません。

2017.5.15

 

続きを読む: 作業船 スパッド付クローラクレーン台船 第三十八吉野号(吉野建設) 63m

2017年5月19日

作業船 給油船 第八十八東丸(横浜マリン石油)

MMSI:431300339
総トン数:124GT
船籍:Japan
タンク容量:340Kl
横浜マリン石油:横浜市の会社で、11隻(内2隻は岩手県)を運航

2017.4.28

 

続きを読む: 作業船 給油船 第八十八東丸(横浜マリン石油)

2017年5月17日

プレミックス船 第二関盛(関門港湾建設) 58m

船籍:Japan
打設能力:300m3/h
最大圧送能力:600m3/h
最大圧送距離:800m
揚土機:バックホウ式(容積 4.3m3)
スパッド:850mm角型 x 2本

プレミックス船:
Plant Mixing Vessel-Method(PMV)
浚渫土をセメントなどの固化材と攪拌混合して、強度と流動性をもつ固化処理土を製造し、埋立材として圧送・打設することができる専用船
関門港湾建設ではセメント混合軟弱土圧送揚土船と呼んでいる。
プレミックス船には、バッチ式と連続式があり、本船は連続式です。以前にバッチ式のプレミックス船 第57扇栄(東亜建設工業) 65mを掲載しています。

2017.4.27

 

続きを読む: プレミックス船 第二関盛(関門港湾建設) 58m

2017年5月15日

海底ケーブル敷設船(通信) きずな(NTTWEM) 109m

きずな/KIZUNA
IMO:9805491 MMSI:431485000
載貨重量:4360DWT 総トン数:8500GT
船籍:Japan
建造年:2017.3.30(神例造船所で建造)
ケーブルタンク容積:不明(本船は保守中心なので、大きなタンクは装備されていないのか)
ROV:最大適用水深2500m, ジェット埋設機能付
定員:60名
広い作業スペース:多目的作業船としても利用
災害対応機能:迅速な災害復旧物資(災害復旧資機材、非常用移動電源車)の輸送、非常用設備(携帯基地、衛星通信設備)の搭載、災害復旧要員宿泊設備の提供
NTTWEM:NTTワールドエンジニアリングマリン
船主:NTTファイナンス
NTTファイナンスがNTTWEMにリース
今後は「きずな」が日本国内の海底ケーブル保守を主に担当、既存の「すばる」は国内、国外の建設工事を主に担当する。
「すばる」はPanama船籍となりました。

2017.4.26
(画面をクリックすると横3840ドットで大きく表示します。但し、サイズは1.6MBあります。)

 

続きを読む: 海底ケーブル敷設船(通信) きずな(NTTWEM) 109m

2017年4月25日

作業船 ビルジ回収台船 Kanto No.5 and 押船 第五関東丸(関東砿産)

積載容量:700kl

ビルジ:油分等を含む汚水
主に米軍艦船に対応しているが、自衛艦、巡視船にも対応。

2017.4.5

 

続きを読む: 作業船 ビルジ回収台船 Kanto No.5 and 押船 第五関東丸(関東砿産)

海底ケーブル敷設船(通信) KDDIオーシャンリンク(国際ケーブル・シップ) 133m

KDDIオーシャンリンク/KDDI OCEAN LINK
IMO:9017070 MMSI:431001000
載貨重量:6270DWT 総トン数:9510GT
船籍:Japan
ケーブルタンク容量:2300m3(3つの主タンクの合計)
最大搭載人数:85名

2017.4.5

 

続きを読む: 海底ケーブル敷設船(通信) KDDIオーシャンリンク(国際ケーブル・シップ) 133m

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち02.作業船カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは01.起重機船です。

次のカテゴリは03.台船です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。