2010年9月アーカイブ

2010年9月28日

油タンカー(プロダクトタンカー(白油)) 昭和油槽船 ふじしろ丸

全長:不明

プロダクトタンカー(白油)とは、原油を精製した製品の内、色が透明に近いもの(ガソリン、軽油、灯油など)をいい、対して黒油とは重油など色が黒っぽいものをいうそうです。

2010.9.25

後ろは東京湾観音です。

 

貨物船(ばら積 主に飼料) 全農物流 第十エーコープ 55m

A-COOPの船。全農物流が飼料を主に運搬しています。

2010.9.25

後ろは東京湾観音です。

 

こぐま! 貨物船 飯野港運 LITTLE BEAR 97m

こぐまちゃんです。

2010.9.25

後ろの山の上に見えるのはマザー牧場の観覧車です。

 

コンテナ船 APL ATLANTA 267m

2010.9.25

後ろの山は富山です。

 

2010年9月23日

帆船 大阪市 あこがれ 52m

2010.9.22

第二海堡を通過する あこがれ

 

続きを読む: 帆船 大阪市 あこがれ 52m

ツナお嬢さん 貨物船(冷凍冷蔵船) LADY TUNA(WANG TAT CORPORATION PTE 東洋冷蔵) 121m

ツナお嬢さんです。
冷凍貨物船のことをリーファー船と呼ぶそうです。この船は、クロアチアから地中海蓄養クロマグロを運んできました。地中海では脂のないツナ缶にしか使えないマグロが多いそうです。
蓄養とは、若魚や成魚をとってきて生け簀でエサを与えて脂をつけて高価なマグロに仕立てています。(これに対して養殖は稚魚から育てます。日本の近畿大学が成功した完全養殖は卵から育てます。)

この船は横須賀新港に入港しました。私は知らなかったが、横須賀は国内有数のマグロ取扱量だそうです。

2010.9.14
浦賀水道航路中央第二号灯浮標(中央の赤白のもの)を通過する所。
これが航路の中央線、左の浦賀水道航路第四号灯浮標(赤)との間が700m、東京湾に入ってくる(北行)航路。右の浦賀水道航路第三号灯浮標(緑)との間も700m、東京湾から出て行く(南行)航路。
浦賀水道航路中央第二号灯浮標までは真北に進んできたが、ここから北西に進路を変え、東京湾へ入っていく。
船のマストの旗を見てください。日の丸以外に掲揚しているのが、国際信号旗です。この航路ではここから先に入る船は行き先を示す旗を掲揚します。旗は1st と P ですから、行き先は横須賀です。

 

続きを読む: ツナお嬢さん 貨物船(冷凍冷蔵船) LADY TUNA(WANG TAT CORPORATION PTE 東洋冷蔵) 121m

貨物船(ばら積み) QUEEN ORCHID 138m

この船は、2009.10.27 に起こった関門海峡衝突炎上事故に関わった船です。この事故はコンテナ船CARINA STARと護衛艦「くらま」が衝突したものです。CARINA STARが前を走っていた、このQUEEN ORCHIDを追い越そうとして発生したものです。

2010.9.19

 

2010年9月20日

漁業取締船 水産庁 東光丸 87m

ハワイ ホノルルに向かっています。

2010.9.10

後ろは東京湾観音

 

ブログ開設

浦賀水道の近くに住んでいる管理人です。
散歩がてら、浦賀水道を行き来する船を見ています。
通過する船は実にバラエティに富んでいます。
船のある風景としてブログを立ち上げました。

浦賀水道は 剣崎--洲崎 と 観音崎--富津岬 で囲まれた範囲です。

このブログで取り上げる範囲は主に浦賀水道ですが、南側は城ヶ島、北側は横須賀中央あたりまで広げています。(三浦半島東海岸)

私は船についてはまったくの素人です。船の専門用語は使いません。また、一般に船の大きさはトン数で表しますが、色々種類はあるし、ピンときません。このブログでは写真でよくわかるように全長を記載しています。

コメントやトラックバックは設けていません。

このブログはアフィリエイトフリーです。

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。