« 漁業調査船 俊鷹丸(水産総合研究センター 遠洋水産研究所) 66m | ホーム | 貨物船(冷凍冷蔵船) FRIO ATHENS 141m »

2011年5月17日

大型浮遊体式海洋構造物(メガフロート) 136m

長さ136m、幅46m、高さ3m 面積 約6,200平方m
実証実験用に作られたメガフロートは、分割されて自治体などに引き取られ、その一部を清水市(現静岡市)が約5億円で購入したもの。
「静岡市清水港海釣り公園」として使用されていた。
同様に分割されたメガフロートは、兵庫県南あわじ市や、三重県南伊勢町にもある。

2011.5.15
三菱重工横浜での改造が終了し、福島へ向けて運搬していきます。
汚染された水を入れた後、メガフロートはどこに係留するんでしょうか?
まさか、福島第一原発以外へ移動することはないとは思いますが。

 

曳航しているのは第88大新丸(大新土木)、その前で警戒しているのは第25大新丸(大新土木)、後ろでサポートしているのは有明丸(大新土木)です。
これら3隻で福島まで運搬します。
写真にはありませんが、先頭にはパイロット船 LEO、続いて警備艇 神5 はこね (神奈川県警横浜水上警察署)、後方には警備艇 神2 あしがら (神奈川県警横浜水上警察署)、巡視艇 うらゆき PC72が厳重な警備を行っています。

 

前部です。

 

中央部分です。

 

後部です。

 

2011.4.7
福島第一原発で放射性物質に汚染された水を一時貯水するため、
横浜の三菱重工に曳航され躯体の改良工事を行い、その後、福島第一原発に運ばれる。
曳航しているのは、曳船 第23たけ丸 35m
後部補助は、曳船 鳴門丸 40m
写真にはないが、水先警戒は、パイロット船 すばる 26m

 

 

前部です。

 

中央部分です。

 

後部です。

 

このブログ記事について

このページは、管理人が2011年5月17日 23:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「漁業調査船 俊鷹丸(水産総合研究センター 遠洋水産研究所) 66m」です。

次のブログ記事は「貨物船(冷凍冷蔵船) FRIO ATHENS 141m」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。