« 貨物船(木材チップ運搬船) DYNA PURE(日本郵船) 210m | ホーム | 紅梅! ガスタンカー(LPG) KOBAI(GULF LPG, 商船三井) 225m »

2013年1月17日

ガスタンカー(LNG) あけぼの丸(新和ケミカルタンカー) 99m

あけぼの丸/AKEBONO MARU
IMO:9554729 MMSI:431003094
載貨重量:2528DWT 総トン数:4505GT
船籍:Japan
タンク容積:3556m3(内航LNG船としては最大、他に4隻ある内航LNG船は2500m3)
低温蓄圧方式の内航LNG運搬船
2011.11-2011.12の間、日本で初めて大型LNG運搬船から船舶間積み替え(Ship to Ship Transfer)を実施した。勇払油ガス田の天然ガス生産量が大幅に低下したため、冬季ピーク需要に対応するため、苫小牧港東港区で外航LNGタンカー「LNG Taurus」に並列係留した「あけぼの丸」へLNGを積み替え、石油資源開発(JAPEX)勇払LNG受入基地に移送した。

現在は、石油資源開発(JAPEX)勇払LNG受入基地に、袖ヶ浦からLNGを運搬。
浦賀水道で見れる内航LNG船は3隻(本船、NORTH PIONEER、鶴令丸(袖ヶ浦--八戸))、他の2隻は西日本で活動。

勇払油ガス田(苫小牧市)
国内で原油は一位、天然ガスも二位の生産量を誇る。
日本で唯一、LNG製造プラントがあります。
ここのガスは道内各地のガス会社へ供給されている。(パイプラインで千歳、札幌、石狩へ。他の道内へは鉄道LNGコンテナなどで)

船名の「あけぼの丸」は勇払油ガス田の、あけぼの構造にある「あけぼのSK-1号井」(国道36号線の道路脇)に由来するらしい。

2013.1.8

 

 


 

このブログ記事について

このページは、管理人が2013年1月17日 20:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「貨物船(木材チップ運搬船) DYNA PURE(日本郵船) 210m」です。

次のブログ記事は「紅梅! ガスタンカー(LPG) KOBAI(GULF LPG, 商船三井) 225m」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。