« 貨物船 MOSKVA 108m | ホーム | コンテナ船 MAERSK KELSO(MAERSK) 299m »

2013年3月28日

ケミカルタンカー(メタノール) CABO NEGRO II(富洋海運, 商船三井) 186m

IMO:9317248 MMSI:352984000
載貨重量:47236DWT 総トン数:30954GT
船籍:Panama
チリのメタノールを世界各地に運んでいる。
チリはメタノールの世界最大生産拠点
船名のCABO NEGROはそのメタノールプラントがある地区名に由来
このCABO NEGRO地区は南アメリカ大陸最南端の都市Punta Arenasの近郊である。
メタノールプラントはMethanex社(Canada)が運営し、原油採掘時の随伴ガスから生産している。
4工場が稼動し、生産量は380万トン/年
2014年には1工場100万トン/年をルイジアナ(アメリカ)へ移し、シェールガスからメタノールを生産することにしている。
Methanex社(Canada)は世界のメタノール需要の20%、市場の30%を占める会社
商船三井は世界最大のメタノール船運航会社
メタノールは70%は天然ガスから、残りはナフサ、重油、LPGガスなどから生産され、石炭、石油、LNGに代わるクリーンエネルギー(燃料電池の水素の供給源など)として期待されている。

以前に、世界最大のメタノール船 MILLENNIUM EXPLORER 240m 100063DWTを掲載していますが、この船もMethanex社(Canada)が長期用船し、チリから主に欧州に運んでいます。

2013.3.17

 

 

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、管理人が2013年3月28日 19:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「貨物船 MOSKVA 108m」です。

次のブログ記事は「コンテナ船 MAERSK KELSO(MAERSK) 299m」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。