« 貨物船 PIONEER THIRD(NSユナイテッド海運) 111m | ホーム | プロダクトタンカー ALPINE ATHELIA(CONTI) 244m »

2013年8月18日

復元千石船 みちのく丸(みちのく北方漁船博物館) 32m

帆柱の高さ:28m
帆:高さ 22m, 幅 18m
正確には復元弁才船という。

2013.8.4
千石船東廻り航路を再現し、東日本大震災からの復興を支援するため、青森港を7/19に出港し、釜石港、女川港、小名浜港をめぐって、東京へ向かいます。

 

第一海堡の前を通過するみちのく丸です。
帆柱の先端が前方に曲げられていますが、このようにする意味が素人の私にはわかりません。

 

曳航しているのは、曳船 第六栄丸(栄マリン) 24m 74GT MMSI-431700473 建造年-1973
後方で支援しているのは、警戒船 恵山丸 16m 19GT

 

曳船 第六栄丸です。国際信号旗(旗は第1代表旗(1st))を掲揚するところです。空中で作業しているように見えます。

 

国際信号旗は1st, N, Sが掲揚されています。この意味は富津へ向かう、ということ。当初、木更津港で1泊する予定でしたが、東京湾内大混雑なので富津港に変更したそうです。

 

警戒船 恵山丸です。向うは富津海岸で海水浴をする人たちです。

 

遠方はアクアラインの海ほたるです。

 

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、管理人が2013年8月18日 21:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「貨物船 PIONEER THIRD(NSユナイテッド海運) 111m」です。

次のブログ記事は「プロダクトタンカー ALPINE ATHELIA(CONTI) 244m」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。