« 押船兼曳船兼揚錨船 第二十五関門丸(関門港湾建設) 30m | ホーム | コンテナ船 ENSENADA EXPRESS(COSTAMARE, Hapag-Lloyd) 279m »

2013年9月19日

学術研究船 白鳳丸(海洋研究開発機構 東京大学大気海洋研究所) 100m

白鳳丸/HAKUHO MARU
IMO:8714700 MMSI:431010000
載貨重量:1672DWT 総トン数:3987GT
船籍:Japan
定員:89名(乗組員54名, 研究者等35名)
研究室:10室

全国の研究者が共同利用するための学術研究船で、2004年に東京大学から海洋研究開発機構(JAMSTEC)に船籍が移管されました。東京大学大気海洋研究所とJAMSTECが協力して運航しています。

2013.9.4

 

 

東京大学のファンネルマークが唯一残っています(学術研究船 淡青丸も東京大学のファンネルマークでしたが、後継船 新青丸は変更されました)。

 

2011.6.21

 

後ろの山の上にうっすらと見えるのは東京湾観音です。

 

左は巡視船 やしま/YASHIMA PLH22 130m IMO:8618724 MMSI:431297000 総トン数:5300GT

 

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、管理人が2013年9月19日 18:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「押船兼曳船兼揚錨船 第二十五関門丸(関門港湾建設) 30m」です。

次のブログ記事は「コンテナ船 ENSENADA EXPRESS(COSTAMARE, Hapag-Lloyd) 279m」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。