« 自動車運搬船 CSAV RIO MALLECO(CSAV) 183m | ホーム | 貨物船(ばら積み) KAIWO MARU(葉山船舶, 商船三井) 183m »

2013年11月15日

練習船 おしょろ丸(北海道大学水産学部) 72m

おしょろ丸/OSHORO MARU
IMO:8401365 MMSI:431477000
載貨重量:1131DWT 総トン数:1396GT
船籍:Japan
建造年:1983
乗組員:106名(職員 13名, 部員 27名, 研究者 6名, 学生 60名)
船名の由来となった忍路(おしょろ)は北海道小樽市の地名。小樽市西部、日本海に突き出した忍路半島とその基部に位置する。忍路湾には北海道大学忍路臨海実験所がある。
北海道大学忍路臨海実験所:明治41年(1908年)前身の東北帝国大学農科大学水産学科の附属施設として設立された。東京大学三崎臨海実験所(明治19年設立)に次ぐ歴史を持つ臨海実験所。
ここには、調査員として「おしょろん」(ゴマフアザラシらしい)がいる。

2013.10.27
今回の航海は、三陸沖での海洋資源科学科学生の洋上実習
東京に寄った後、小樽へ戻ります。

 

山の上は東京湾観音です。

 

 

このブログ記事について

このページは、管理人が2013年11月15日 18:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自動車運搬船 CSAV RIO MALLECO(CSAV) 183m」です。

次のブログ記事は「貨物船(ばら積み) KAIWO MARU(葉山船舶, 商船三井) 183m」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。