« 原油タンカー HAKUSAN(商船三井) 333m | ホーム | モーターグライダー(複座) GROB G-109B(JA2351)(日本モーターグライダークラブ) 17m »

2014年11月12日

浚渫兼油回収船 白山(国土交通省北陸地方整備局) 94m

白山/HAKUSAN
IMO:9242182 MMSI:432328000
載貨重量:3028DWT 総トン数:4185GT
船籍:Japan
浚渫装備:サイドドラグ式,浚渫ポンプ3300m3/hr x2台,泥槽容量1350m3
油回収装備:舷側設置式500m3/hr x2台,投げ込み式250m3/hr x1台,回収油槽容量1500m3
その他:緊急物資搭載用クレーン0.98t、コンテナ16個

日本の油流出事故へ対応する大型油回収船:
白山(新潟),清流丸(名古屋),海翔丸(北九州)の3船体制で48Hrで全国に即応可能

白山は1997.1のロシアタンカー「ナホトカ号」油流出事故を契機に、日本海側での油流出事故への対応強化を図るため、2002.8新潟港に配備された。
普段は浚渫作業に従事しているが、油流出事故の際は油回収作業を行う。

2014.10.31
定期検査できていたようです。
この後、高知港で行われる南海トラフ地震を想定した地震・津波防災訓練に参加のため、高知港に向かいます。

 

 

中央部分は複雑な作りです。

 

ファンネルマークは国土交通省

 

このブログ記事について

このページは、管理人が2014年11月12日 17:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「原油タンカー HAKUSAN(商船三井) 333m」です。

次のブログ記事は「モーターグライダー(複座) GROB G-109B(JA2351)(日本モーターグライダークラブ) 17m」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。