« 作業船 MTS2011 | ホーム | 巡視船 かの PM-30(第三管区下田海上保安部) 56m »

2015年3月16日

浮体式石油生産・貯蔵・積出設備 FPSO CIDADE DE CARAGUATATUBA MV27(MODEC) 337m

IMO:9740483 MMSI:311000320
総トン数:164087GT
船籍:Bahamas
船名が長いので「FPSO MV27」と短縮表記されることがある。
全長:337.40m
幅(型):60.00m
深さ(型):28.80m
原油貯蔵能力:1,600,000 bbls(barrels of crude oil)[バレル]
原油生産能力:日量100,000 bopd(barrels of crude oil per day)[バレル/日]
ガス生産能力:日量177 MMscfd(Million standard cubic feet per day)[百万立方フィート/日]
水圧入能力:日量120,000 barrels of water injection per day[バレル/日]
係留設備:Spread Mooring(多点係留方式, SOFEC, Incが設計)
ガスタービン:85MW(GEが製造)
建造年:2015.2.27(三井造船千葉事業所)

2015.2.28
三井造船千葉事業所で建造、初航海でシンガポールへ向かいます。
3/15にシンガポールに到着しました。
(画面をクリックすると横3840ドットで大きく表示します。但し、サイズは1.2MBあります。)

 

本船に関係する主要企業
MODEC:Mitsui Ocean Development & Engineering Co., Ltd 三井海洋開発(三井造船の子会社), FPSOの世界シェアは2位, ペトロブラス向けには本案件で9隻目。また、本案件推進にはMODEC以外に三井物産, 商船三井, 丸紅の3社も出資している。ブラジル側パートナーはSchahinグループ。
三井造船:本FPSOの船体部建造
MTOPS:MODEC and TOYO Offshore Production Systemsは東洋エンジニアリングとMODECによるシンガポール合弁会社, MODEC関連トップサイドの建造は4件目
SOFEC, Inc:MODEC米国子会社で、係留装置の設計会社
Petrobras社:Petroleo Brasileiro S.A.(ブラジル国営石油会社)

契約から引き渡しまで14ヶ月と非常に短期間で完成。
今後、MTOPSによって建造されたトップサイド(甲板上に設置される石油・ガスの生産設備, 重さ15000トン)はシンガポールの造船所で本船へ搭載する。
搭載工事の後、2016.6に現地に係留され、2016.3Qに生産開始予定。
本船はBM-S-9コンソーシアム(Petrobras社(45%), BGグループ(30%), Repsol Sinopec Brasil S.A.社(25%))に用船される(20年間)

係留地:ブラジルBM-S-9ブロック、カリオカ(Carioca)鉱区(リオデジャネイロ南方沖合約300km)
対象海洋油田:水深2100m, 海底下約5000mのプレソルト層(岩塩層下)にある油田

三井造船がFPSOを建造したのは、2000年のKerr-McGee Global Producer III(北海油田向け, スコットランドの北東200kmでFPSOとして稼動中)以来2隻目。
(他社では、三菱重工は1996年にANASURIAを建造し北海で稼動。
JMUではAOKA MIZUを建造, スコットランドの北東70kmで稼動、また、2004年LPG-FPSOであるSANHA LPG FPSOを建造しアンゴラ沖で稼動。)

MODECは次のFPSO Cidade de Campos dos Goytacazes MV29を2017.3QにブラジルBM-C-36ブロックに納入予定。

東京湾でFPSOが見れるとは!
願わくばトップサイドまで含めたFPSO全体の姿を見てみたい。

手前の船は気象庁 海洋気象観測船 凌風丸/RYOFU MARU 80mです。

 

船首部分です。

 

船首の大きな車輪は何に使うのでしょうか。

 

海中から6本のケーブル(パイプか)を取り付ける場所か。

 

別の角度から見ると回転する仕掛けがわかります。

 

中央部分です。

 

クレーンです。

 

タラップと喫水目盛、満載喫水は21mです。

 

右側の仕掛けは何でしょう。
左には、6本のケーブル(パイプか)を取り付けるようになっています。
デッキ上にはケーブルが多数あります。トップサイドに使うものでしょうか。

 

船尾部分です。

 

ファンネルマークはMODEC and Petrobrasです。
(画面をクリックすると横3840ドットで大きく表示します。但し、サイズは1.4MBあります。)

 

このブログ記事について

このページは、管理人が2015年3月16日 16:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「作業船 MTS2011」です。

次のブログ記事は「巡視船 かの PM-30(第三管区下田海上保安部) 56m」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。