« カンムリカイツブリ | ホーム | 貨客船 橘丸(東海汽船) 118m »

2017年2月20日

ケミカルタンカー(溶融硫黄専用船) SULPHUR ESPOIR(国華産業) 99m

IMO:9124251 MMSI:373734000
載貨重量:3999DWT 総トン数:2976GT
船籍:Panama
タンク容積:2208m3

精油所から回収されてくる硫黄を液体状態にしたものが溶融硫黄。
日本は世界で唯一の「溶融硫黄のみ取り扱う国」である。
危険物である成型・固形硫黄の輸送船の入出港は禁止されている。
他の国は現在は成型硫黄として扱っている。(成型硫黄は危険物でない)
溶融硫黄の大部分は中国を中心としたアジアに肥料原料用等として輸出している。中国が輸入を絞れば日本の精油所の操業がとまる恐れがある。
また、新興国の工業化が進展し、回収硫黄がだぶつき産廃化の恐れもある。

2017.2.6

 

 

ファンネルマークは国華産業のもの
国華産業には、もうひとつのファンネルマークがある。丸の中に「甲」でメタノール専用船はこのマークである。

 

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、管理人が2017年2月20日 18:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カンムリカイツブリ」です。

次のブログ記事は「貨客船 橘丸(東海汽船) 118m」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。