« コンテナ船 MSC BERYL(MSC) 365m | ホーム | 曳船兼押船 まんじゅ(関門港湾建設) 33m »

2017年5月15日

海底ケーブル敷設船(通信) きずな(NTTWEM) 109m

きずな/KIZUNA
IMO:9805491 MMSI:431485000
載貨重量:4360DWT 総トン数:8500GT
船籍:Japan
建造年:2017.3.30(神例造船所で建造)
ケーブルタンク容積:不明(本船は保守中心なので、大きなタンクは装備されていないのか)
ROV:最大適用水深2500m, ジェット埋設機能付
定員:60名
広い作業スペース:多目的作業船としても利用
災害対応機能:迅速な災害復旧物資(災害復旧資機材、非常用移動電源車)の輸送、非常用設備(携帯基地、衛星通信設備)の搭載、災害復旧要員宿泊設備の提供
NTTWEM:NTTワールドエンジニアリングマリン
船主:NTTファイナンス
NTTファイナンスがNTTWEMにリース
今後は「きずな」が日本国内の海底ケーブル保守を主に担当、既存の「すばる」は国内、国外の建設工事を主に担当する。
「すばる」はPanama船籍となりました。

2017.4.26
(画面をクリックすると横3840ドットで大きく表示します。但し、サイズは1.6MBあります。)

 

 

黄色い装置がROVでしょうか。
ファンネルマークはNTTWEMのもの

 

 

更に後方から

 

このブログ記事について

このページは、管理人が2017年5月15日 18:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コンテナ船 MSC BERYL(MSC) 365m」です。

次のブログ記事は「曳船兼押船 まんじゅ(関門港湾建設) 33m」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。