« 貨物船(木材チップ運搬船) DYNA PURE(日本郵船) 210m | ホーム | ガスタンカー(LNG) BELANAK(BST, STASCO) 247m »

2018年11月19日

ガスタンカー(LNG) エネルギーリバティ(東京ガス 商船三井) 299m

エネルギーリバティ/ENERGY LIBERTY
IMO:9736092 MMSI:431540000
載貨重量:88676DWT 総トン数:121982GT
船籍:Japan

タンク種別:SPBタンク(自立角型IMOタイプBタンク:Self-supporting, Prismatic-shape IMO type B)
タンク容積:166571m3
ボイルオフ率:0.08%/日(世界最小)
船主:商船三井と東京エルエヌジータンカー(東京ガスの子会社)の共有
建造年:2018.10.3(JMU津事業所で建造)
東京ガス向け4隻の第一船です、第二船はENERGY GLORY/エネルギーグローリー(日本郵船との共有船)、第三船、第四船の船名は不明

SPBタンクの製作はIHI愛知工場(愛知工場は2018.11末に閉鎖される、今後、SPBタンクはどこで製作するのでしょうか)
SPBタンクを採用した船(FPOやFPSOは除く)は以下の船に次いで本船が5隻目
 ・ガスタンカー(LPG) 玄海丸/GENKAI MARU 80300m3 1980年建造(2011年解体)
 ・ガスタンカー(LEG) 霞陽丸/KAYOHMARU 1500m3 1988年建造(現在も健在)
 ・ガスタンカー(LNG) POLAR EAGLE 87500m3 1993.6年建造 現在の船名はPOLAR SPIRIT (現在も健在)
 ・ガスタンカー(LNG) ARCTIC SUN 87500m3 1993.12年建造 現在の船名はARCTIC SPIRIT (現在も健在)
霞陽丸、POLAR SPIRIT、ARCTIC SPIRITの3隻は以前掲載済みです。

本船はCove Point LNG Project(米国メリーランド州)へ投入されます。
Cove Point LNG ProjectはSabine Pass LNGに次いで2番目の米国LNG Projectです。
Cove Point LNG Projectの関係社は
PSE社(住友商事子会社)が米国で天然ガスを調達
LNG売主ST Cove Point社(住友商事と東京ガスの共同事業会社)が液化(Dominion Energy社に委託)後
東京ガス(140万トン/年)とPSE社経由で関西電力(80万トン/年)に販売します。
尚、東京ガスは転売が可能です

2018.11.13
これからパナマ運河経由Cove Point LNGへ向かうようです。

 

 

ファンネルマークは東京ガスのもの

 

2018.11.12
Gorgon LNG Plant(オーストラリア)から初荷を運んで来ました。
(東京湾には9月にタンクテストで来ていましたが、今回が初仕事です)

 

左は掃海艇 はつしま(MSC-606) 60mです

 

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、管理人が2018年11月19日 15:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「貨物船(木材チップ運搬船) DYNA PURE(日本郵船) 210m」です。

次のブログ記事は「ガスタンカー(LNG) BELANAK(BST, STASCO) 247m」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。