« 曳船 つるぎ(関西港湾サービス) 38m | ホーム | 半潜水型スパッド台船 FLOAT RAISER(はたあげ)(OWFC) 110m »

2019年8月16日

コンクリートミキサー船 関栄(関門港湾建設) 66m

関栄/KANEI
MMSI:431012508
総トン数:3356GT
船籍:Japan
船主:関門港湾建設/共栄土木/関西港湾工業の共有

コンクリートミキサー船またはコンクリートプラント船(CP船)と呼ばれる作業船で、コンクリート製造設備を台船上に搭載したもので、岸壁や橋の基礎工事(離島での工事も含む)に使われます。

建造年:2018.9.28(サノヤス造船水島製造所で建造)
骨材貯蔵槽:215m3 × 8槽(砂利4槽, 砂4槽)
セメントサイロ:150t x 4基(サイロは甲板から25mの高さ)
混和剤タンク:10m3 × 4基
水貯水槽:329t
ミキサー:3m3 × 1基(192m3/h~216m3/h(大型ミキサー車約50台分))
海水淡水化装置:(100t/日)
コンクリートポンプ:106m3/h
打設クレーン:長さ30m
スパッド:25m(1.3m角)
ランプ:長さ10m(10tクラスの大型ミキサー車が乗り入れ可能)

記事の最後に日本のコンクリートミキサー船一覧を載せています

2019.6.17

 

全体です
曳航しているのは、曳船 つるぎ/TSURUGI 38mです

 

ランプと打設クレーンです

 

ファンネルマークは関門港湾建設のもの

 

左の建物は骨材貯蔵槽

 

日本のコンクリートミキサー船(コンクリートプラント船)一覧
(私が調べた範囲で載せているので、間違いや抜けがあると思います、ご容赦を)
船名 方式 製造能力 打設能力 会社名
第三十六豊号バッチ224m3/h-森長組(2019.4.16竣工,80バッチ/h)
第17神昭圧送220m3/h-寄神建設
関栄バッチ192~216m3/h106m3/h関門港湾建設/共栄土木/関西港湾工業
第八山陽号-150m3/h130m3/hと90m3/h山陽建設
第37すこやか号バッチ120m3/h130m3/h坂本組
第二十七豊号バッチ120m3/h110m3/hx2台森長組
第十八豊号バッチ120m3/h-森長組
グラバーバッチ110m3/h110m3/h三基
第二十八瑞光丸連続90m3/h120m3/h須工ときわ
第五豊号バッチ90m3/h110m3/h森長組
第五十八美恵号連続90m3/h-森崎建設工業
日本海号Ⅱ-90m3/h-新潟建工
第十八龍馬バッチ-90m3/h須工ときわ
うるま3号-60m3/h-アイエン工業
鳳凰号-60m3/h-黒瀬組
第88すみよし--60m3/h門田建設
あけぼの連続45m3/h-林建設工業
金剛号連続35m3/h-高橋秋和建設
第28生長丸---なかはら
以下の情報は不確か
第五芳光-240m3/h-吉田組らしい
第61富士---ヤマト工業
はまゆう---濵田海事工業
第25共進号---古川組
第三豊裕号---大豊建設
みちのく---青木マリーン
天翔号---釧石工業らしい
第七長崎号---海洋工業らしい

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、管理人が2019年8月16日 14:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「曳船 つるぎ(関西港湾サービス) 38m」です。

次のブログ記事は「半潜水型スパッド台船 FLOAT RAISER(はたあげ)(OWFC) 110m」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。