フライ&フォンデュ鍋,ホーロー,キッチン用品・食器・調理器具 , 鍋・フライパン , 鍋 , その他,TP-20R-RW(1個),1374円,フライ&フォンデュ鍋,高木金属,20cm,uragasuido.opal.ne.jp,/humiliate1980520.html,TP-20R-RW,高木金属,ホーロー,20cm フライ&フォンデュ鍋,ホーロー,キッチン用品・食器・調理器具 , 鍋・フライパン , 鍋 , その他,TP-20R-RW(1個),1374円,フライ&フォンデュ鍋,高木金属,20cm,uragasuido.opal.ne.jp,/humiliate1980520.html,TP-20R-RW,高木金属,ホーロー,20cm 高木金属 ホーロー フライ フォンデュ鍋 1個 TP-20R-RW 安心の定価販売 20cm 1374円 高木金属 ホーロー フライ&フォンデュ鍋 20cm TP-20R-RW 高木金属 ホーロー フライ&フォンデュ鍋 20cm TP-20R-RW(1個) キッチン用品・食器・調理器具 鍋・フライパン 鍋 その他 1374円 高木金属 ホーロー フライ&フォンデュ鍋 20cm TP-20R-RW 高木金属 ホーロー フライ&フォンデュ鍋 20cm TP-20R-RW(1個) キッチン用品・食器・調理器具 鍋・フライパン 鍋 その他 高木金属 ホーロー フライ フォンデュ鍋 1個 TP-20R-RW 安心の定価販売 20cm

高木金属 ホーロー フライ フォンデュ鍋 1個 TP-20R-RW 安心の定価販売 20cm 高級

高木金属 ホーロー フライ&フォンデュ鍋 20cm TP-20R-RW 高木金属 ホーロー フライ&フォンデュ鍋 20cm TP-20R-RW(1個)

1374円

高木金属 ホーロー フライ&フォンデュ鍋 20cm TP-20R-RW 高木金属 ホーロー フライ&フォンデュ鍋 20cm TP-20R-RW(1個)







お店TOP>ホーム&キッチン>鍋・フライパン>鍋>ホーロー鍋>高木金属 ホーロー フライ&フォンデュ鍋 20cm TP-20R-RW (1個)

【高木金属 ホーロー フライ&フォンデュ鍋 20cm TP-20R-RWの商品詳細】
●揚げ物だけでなく、卓上でチーズフォンデュやチョコレートフォンデュなども楽しめる!
小さいサイズでちょっとした揚げ物にも便利です。
●揚げ物の揚げ具合や油の汚れ具合がわかりやすい
鍋の内側が白いのでひと目でわかりやすい。
●使用後の臭い移りもしにくく、温度変化も少ない
ホーローは臭いの移りにくい素材で使用後の油の臭いも気にせず使えます。
ホーローは温度変化も少ないので、揚げ物に適しています。
●IH200V対応
ガス火はもちろん、卓上IH100V、IH200Vに対応。熱源を選ばず使えます。
●油切りに便利なアミ付き

【規格概要】
・本体サイズ:幅28*奥行21.8*高さ8.5cm
・本体重量:720g
・容量:満水容量:2.1L
・材質:本体:ほうろう用鋼板、表面加工:ほうろう加工/アミ:鉄線、表面加工:クロムめっき加工

【原産国】
インドネシア

【発売元、製造元、輸入元又は販売元】
高木金属工業

リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

高木金属工業



広告文責:グループ株式会社
電話:050-5577-5043

[調理器具]

高木金属 ホーロー フライ&フォンデュ鍋 20cm TP-20R-RW 高木金属 ホーロー フライ&フォンデュ鍋 20cm TP-20R-RW(1個)

2021年10月25日 (月)

2021秋 マカイバリ茶園訪問記 秋 Vol:12 壮大なマカイバリ茶園

2021年マカイバリ茶園秋訪問記(10月5日~10日)を発信しています!
インスタグラム、Facebookでアップしていたものをブログでも発信しています。

茶畑、森、茶畑。そして所々に村。

壮大なマカイバリ茶園。
東京ドーム525倍の敷地。4つの山にまたがり、7つの村があります。

インスタグラムの動画


その敷地の3分の2を原生林に。3分の1だけを茶畑にしています。生産量を追い求めるならば、全ての敷地を茶畑にしてしまえば良い。しかし自然と共生し、持続可能な茶作りを行うためには、原生林、そして動物たちが共存し生態系の保たれた中で茶栽培をすることが大事だ、とマカイバリ茶園は考えます。

「自然」と「動物」と「人間」がバランスのとれた環境で茶栽培を行う時、美味しい紅茶が作られる、と信じています。

2003年、インド•コルカタのティーオークションでマカイバリ茶園から出品された「シルバーニードルズ」が歴代世界最高値を記録し、今でもその価格が破られていません。

| | コメント (0)

«2021秋 マカイバリ茶園訪問記 秋 Vol:11 茶摘み後のひとやすみ