175円 食品添加物 無添加ほんぽ 日本の煮豆 金時豆 160g |ポスト投函専用国産原料食品添加物 無添加北海道産 金時豆ほんぽ の煮豆 食品 惣菜 和風惣菜 煮物 食品添加物 無添加ほんぽ 日本の煮豆 期間限定お試し価格 金時豆 160g ポスト投函専用国産原料食品添加物 金時豆ほんぽ 無添加北海道産 の煮豆 175円 食品添加物 無添加ほんぽ 日本の煮豆 金時豆 160g |ポスト投函専用国産原料食品添加物 無添加北海道産 金時豆ほんぽ の煮豆 食品 惣菜 和風惣菜 煮物 無添加ほんぽ,uragasuido.opal.ne.jp,金時豆,食品 , 惣菜 , 和風惣菜 , 煮物,|ポスト投函専用国産原料食品添加物,の煮豆,160g,175円,金時豆ほんぽ,食品添加物,日本の煮豆,無添加北海道産,/overview/regulations.html 食品添加物 無添加ほんぽ 日本の煮豆 期間限定お試し価格 金時豆 160g ポスト投函専用国産原料食品添加物 金時豆ほんぽ 無添加北海道産 の煮豆 無添加ほんぽ,uragasuido.opal.ne.jp,金時豆,食品 , 惣菜 , 和風惣菜 , 煮物,|ポスト投函専用国産原料食品添加物,の煮豆,160g,175円,金時豆ほんぽ,食品添加物,日本の煮豆,無添加北海道産,/overview/regulations.html

食品添加物 無添加ほんぽ 日本の煮豆 期間限定お試し価格 金時豆 160g ポスト投函専用国産原料食品添加物 祝開店大放出セール開催中 金時豆ほんぽ 無添加北海道産 の煮豆

食品添加物 無添加ほんぽ 日本の煮豆 金時豆 160g |ポスト投函専用国産原料食品添加物 無添加北海道産 金時豆ほんぽ の煮豆

175円

食品添加物 無添加ほんぽ 日本の煮豆 金時豆 160g |ポスト投函専用国産原料食品添加物 無添加北海道産 金時豆ほんぽ の煮豆







北海道産金時豆使用
日本の金時豆

商 品 名:日本の煮豆 金時豆
名  称:にまめ
原材料名:金時豆(北海道産) 砂糖(国産) みりん(国産) 清酒(国産) 醤油(国産 小麦・大豆を含む) 食塩(国産)
内 容 量:160g
賞味期限:製造後180日
保存方法:湿気、直射日光を避けて常温で保存してください。
製 造 者:株式会社 ほんぽ
     山口県下関市

<該当するアレルギー物質名> 小麦・大豆

<栄養成分表示(100g当たり)>
(財)食品環境検査協会

エネルギー:160kcal
たんぱく質:6.6g
脂質:0.6g
炭水化物:36.5g
糖質:27.5g
食物繊維:9.0g
食塩相当量:0.3g


<使用上のご注意>
●表示されている賞味期限は未開封の場合に有効な品質期限です。
●合成保存料は使用しておりませんので、開封後は密閉容器に移し替えて冷蔵庫で保管し、お早めにお召しあがりください。
●まれに、大豆の表面に白いはん点ができる場合がありますが、これは大豆の成分が溶けてできたものですからご安心してお召し上がり下さい。

食品添加物 無添加ほんぽ 日本の煮豆 金時豆 160g |ポスト投函専用国産原料食品添加物 無添加北海道産 金時豆ほんぽ の煮豆

私たちは横須賀市の
馬堀海岸にある
産婦人科の内出医院です

診療時間 日・祝
9:00 – 12:00
16:00 – 18:00

※ 予約はしておりません。診療時間内に受診していただけば、順に対応いたします。
※ 一部の検査、処置、手術、予防接種など特別な診療については、初診時に出来ないこともあります。

ADRESS 神奈川県横須賀市馬堀海岸2丁目26-5
CLOSED 火曜/木曜午後/土曜午後/日曜/祝日
TEL 046-843-4886

046-843-4886

お支払い方法について

各種クレジットカード、交通系電子マネー、LINE pay,PayPayに対応しています。

d払い、メルペイでもお支払い可能になりました。

当院の特徴

ゴルフ用品 ゴルフ 小物 ヴィクトリアゴルフ おすすめ 【25日限定!通常Pから更にエントリーで+9倍+最大7%OFFクーポン】セブ(SEV) Looper Nブレスレット オレンジ (メンズ、レディース)

院長あいさつ

横須賀市の馬堀海岸にある内出医院は、安心・安全な治療を行うことで、地域の皆さまの健康をお守りすることを第一に考えています。
子宮内膜症に対する腹腔鏡手術や子宮鏡手術、セカンドオピニオンや更年期障害にホルモン療法など、一人ひとりの症状や希望する治療方法に合わせて、考えられうるすべての治療方法をご提案し選択していただいております。
専門知識を要する医療についても、医療知識を丁寧にご説明いたしますので、些細なことでも遠慮なくご相談ください。

ストリートビュー

生理痛について 前編

生理痛について 後編